Interview

ものづくりの喜びも味わえる
それが朝日電装の営業職

佐藤 史隆FUMITAKA SATO

2014年入社
営業部 営業2課
商学専攻

“お客様と一緒に製品を創る、提案型営業”
 
 
 
 

製品づくりの旗振り役として、お客様と社内を結ぶ

二輪・四輪・マリン製品のメーカーへの営業活動が主な業務です。お客様からのご要望やご相談を社内の各部門に展開し、見積りとともに最適な製品をお客様に提案、お届けしています。当社のカタログに載っているのはあくまで過去の製品ですので、「今」求められているのは何か、機能、コスト、納期それぞれを明確にして社内に伝える力が大切になります。また、当社製品は直接エンドユーザーの手に触れるものですが、当社のお取引き先は完成車メーカーですので、いわゆる「お客様の声」は完成車メーカーに集まっています。その声に対して、電装品の専門家としての知識・技術を発揮し、完成車メーカーが本当に実現したい機能・性能を一緒に作り込んでいくのが、朝日電装の営業のミッションです。

緊密なパートナーシップの中
で、朝日電装の価値を提案

受注から製品開発・製造・販売まで全てを社内で行うことができる一貫体制が、朝日電装の大きな特徴です。国内外の製造拠点の強みを生かして多品種少量の付加価値の高い製品づくりから、コストパフォーマンスに優れた大量生産品まで、さまざまなお客様のご要望に応えることができます。これは先輩方が長年築いてきてくださった信頼の賜物ですが、お客様からも「朝日電装ならきっと何とかしてくれる」と頼っていただけることが多々あり、電装品の専門家、ものづくりのパートナーとしてお取引きをいただいています。今、手元にないものを販売していくのは大変な部分もありますが、同時にものづくりの喜びも味わえるので、大きなやりがいを感じる仕事です。何より自分の手掛けた製品が完成車に搭載されて、世界中のユーザーに使っていただいている。それが一番の誇りです。

“感謝の心を大切に、より専門知識を深めていきたい”

総力で挑んだ、初めて尽くしの製品

朝日電装の製品は、さまざまな部品や材料を組み合わせて構成されていますので、それら必要な資材を手配する専門部署があります。入社してから約3年間は、その資材部と呼ぶ部署で調達業務を担当していました。それぞれ部品の種類によって担当が振り分けられているのですが、ある時これまでにない全く新しいスイッチを作ることになり、樹脂製品担当だった私にはケースとして使う製品の調達が命ぜられました。ところが、その製品は建設機械用ということで非常に大きく、朝日電装としても過去経験のないサイズ。生産方法からコスト感覚まで考え方の切替を要求される中、関係部門の方々や部品メーカーの多大な協力を得てやっと納品できた時の喜びは今も忘れられません。目標に向かって仕事をやり抜くことの大切さを再確認するとともに、周囲の方々への感謝の気持ちを新たにしたプロジェクトでした。

最新のトレンドを身に付けて提案力をアップ

営業は試作や量産の受注管理、量産後の対応など社内の幅広いセクションに関わりますので、社内のさまざまな方の協力が不可欠です。同時に、お客様のご要望をかなえる製品を作るための旗振り役として、製品を構成する素材や技術の知識に精通している必要があります。かつては当社の主軸は電源のオン/オフを確実にコントロールするスイッチを中心とした製品群でしたが、近年はICTの進化を受けてより高度な制御や情報コントロールを受け持つ、通信端末としての側面が求められるようになってきました。無線通信などの新たな知識を蓄えて、常にお客様の期待の半歩先を行く提案ができるよう、貪欲に知識を吸収していきたいですね。
Daily Schedule
  • 8:00~ 出社・メールチェック
  • 10:00~ 社内打合せ
  • 13:00~ 社内会議など
  • 15:00~ 受注オーダー社内展開
  • 16:30~ 見積り作成
  • 19:30 退社
Message

明日あなたが使うかもしれない製品を、共に作ろう

朝日電装の製品は、皆さんが想像するよりもずっと身近に活躍しています。あなたが乗っている自動車やバイクのスイッチも、当社の製品かもしれません。朝日電装が得意とする「ヒューマン・マシン・インターフェース」の領域は、乗り物を安全に、そして気持ちよく操るために、これからも欠かせない分野です。5年後、10年後の世界をにらみ、お客様と一緒に新たな人と機械のつながりを創造していくのは、乗り物や機械が好きな方には非常にエキサイティングな経験になると思います。営業数字をつくるだけでなく、まさしく「ものづくり」の喜びも味わえる。そんな朝日電装の営業職で、一緒に未来のスイッチを作っていきましょう。